スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
色彩心理学の心への影響
自分にとって、好きな色、嫌いな色、など無意識のうちに
目が行ってしまう色というのは誰でもありますよね。
それは、自分の心に色がなにかしかの影響を及ぼしているからです。

布団カバーやカーペット、カーテンやインテリアの色を変えると
気分が変わるという経験は誰でもありますよね。

だけど色には気持ちや気分を買えるだけでなく、
身体への影響もあると言われています。

例えば、多くの人は赤い色を見ると血圧が上がったり、脈拍数が増えたりします。
青い色を見た場合は逆で、血圧が下がったり、脈拍数が減るという変化が起こります。

そして、なぜか、この変化は、目を閉じたままの状態でも同じなのだそうです。

こういう色の心身への影響を、医学においても取り入れられているそうです。
血圧の高い人に青いパジャマを着せたり、
不眠症の人を青い部屋に入れると眠れるという治療効果をあげているそうです。
 
posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
色彩心理学の身体への影響
色彩が私たちに与える影響は心理的にはもちろんですが、
生理的、身体的な影響ももたらし、身体への変化をももたらしています。

一般的に赤・黄色・オレンジ等は暖色、青・黒・青紫等は寒色と呼ばれています。
このたった2種類の分け方だけでも私たちの生活に影響を及ぼしています。

例えば家具や壁の色を暖色にした部屋と
寒色にした部屋では、
体感温度が約3度も変わるという実験結果が出ているそうです。

また、暖色系は脈拍数・呼吸数・血圧が高まり、
自律神経統を刺激、性ホルモンの分泌を促進、筋肉緊張が増大、食欲・空腹感を抑制すると言われています。

それと、ちょっと面白いことに、
暖色系は時間の流れが早く感じるのに対し、寒色系は時間の流れを遅く感じさせるそうです。

このように、色彩というものは、私たちの心理的にも身体的にも、
また感覚的にも様々な影響を与えています。

古代においては、色は薬として利用されていたとも言われています。
色彩はは、知らず知らずのうちに私たちの心理的・身体的バランスに作用して、癒しなどをもたらしてくれます。
古代には色彩心理学という言葉はなかったはずですが、
色は重要なものだと分かっていてのではないでしょうか。
 
posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ピンクの特性
ピンクが好きな女性は多いですよね。
ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せな色というイメージがあります。
色彩心理学に基づいて、ピンクには以下のような効果や特性があります。

ピンクという色には、マイナスの面が少ないというのが特徴のようです。

ピンクは平和主義や幸せを象徴する色とされています。
基本的には、人に幸福感を与えるように作用しているそうです。

それと同時に、ピンクは癒しの色、恋愛の色とされていて、
恋人同士には最も適した色と言えるでしょう。
恋をすると、ピンクの小物や洋服を身につけたくなるという経験は女性ならあるのではないでしょうか。

また、争いごとを回避させてくれる効果もあるようです。
周囲に対する思いやりが欠けてしまっていると感じた時や、
相手に対して攻撃的になってしまっていると感じた時にはピンクを取り入れてみましょう。
そうすることで、優しい気持ちで周りを見渡すことができるようになるでしょう。

また、ピンクは卵巣ホルモンに働きかけて、ホルモンを分泌させ、脳に刺激を与えるのだそうです。
健忘症などのいわゆるボケ防止にも、脳を刺激するという面では役に立つのではないでしょうか。
ピンクに色づけされた食品を見ると口の中が甘く感じたりするのはその効果が表れているからだそうです。
愛情が欲しくなったり、ロマンチックな気分になったりする効果も促します。
ピンクには交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあるので、
疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防にも役に立ちます。

ですから、ピンクを部屋のインテリアに取り入れたり、
ファッションに取り入れると、以上の効果がもたらされることでしょう。
 
posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
色彩心理学を利用して寝室をコーディネイト
色の暖色・寒色を利用・応用して、居心地の良い空間を作ってみたいと多くの人が思うのではないでしょうか。

例えば寝室、落ち着いてぐっすり眠れ、一日の疲れを癒してくれる色を取り入れてみたいですよね。

一例として、寝室に「青」を取り入れるのは、色彩心理学では血圧を低下させ、神経を沈静させる色なので、寝室には良い色と言われています。
壁紙全体を「青」にするには大変ですので、枕カバーや布団カバーを青にしてみるとかすると良いです。
また、青いタオルを目に当てて目をつぶるだけで、不眠症の方もかなり効果的に眠ることができるそうです。
ただし、青は、体温も下げてしまうので、冷え性の人にはあまりおすすめできません。

冷え性の方は、青ではなく、ベージュ系の色が暖かみがあっておすすめです。

寝室に向かない色として赤があります。
赤は神経を興奮させるので、癒しや安眠には向かない色と言えます。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 13:57 | comments(1) | trackbacks(0) |-
照明と色彩心理学
私たちは知らず知らずのうちに、
色によって生活や心理状態に影響を受けて過ごしています。

日頃感じている方も多いと思いますが、
部屋の照明を変えるだけでもかなり気分が変わったりと影響を受けています。

例えば、部屋の照明に黄色を使うと、部屋のインテリアが美しく映え際立ちます。
また、暖かい感じが家族団らんの雰囲気づくりにも役立ちます。

今の照明を蛍光灯にしているご家庭は、
黄色っぽい色になる電球にするとくつろいだ気分を演出する効果があります。

怒りの感情がある時や落ち着かない気分の時は、
青色系の部屋に入るとネガティブな感情が薄まると言われています。

青色系の照明の部屋にいると気持ちが落ち着き、冷静になれます。
それと、青色は体感温度を下げる効果もありますので、
夏に涼しさを感じたいときにも効果があります。

また、青色には食欲を抑える効果もあります。
ですので、ダイエットをしている方は青色系のテーブルを使ったり、
青白い照明を利用すると食欲が落ちて早くダイエットできるかもしれません。

ピンクには短時間で気持ちを穏やかにさせる効果があります。
ピンクを照明に使うのはちょっと奇抜な感じもしますが、
薄いピンクだとそれほど奇抜さは感じません。

ピンクは筋肉の緊張を緩める効果もあり、
仕事が忙しかったりして睡眠時間が少ないという方は寝室をピンク色系にすることで、
仕事で緊張している気持と筋肉を落ち着かせて
ぐっすり眠れるという効果を得られるでしょう。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
色彩心理学で長生き効果
 画家の人たちは長生きをする傾向にある、
このことに色彩心理学の研究者が気づいたのだそうです。

絵という表現手段で
言葉ではいえない気持ちを表すことで、
心理的な整理が行われ、
ストレスが解消されるなどということから、
画家は長生きをし、
色彩で人は長生きをすることができるのではないかということです。

人々が好む色は、
住む場所によって違うらしいです。

熱帯地方の国々では赤やオレンジが好まれ、
寒い地方の国々では緑や青が好まれるそうです。

日本人は、茶色系や白を好む傾向があり、
生活の中に茶色系や白を取り入れることで、
安らぎなどの効果を得られ、
ストレスがやわらげられて長生きをする
という効果があるかもしれません。

茶色系・ベーシュ系は、
筋肉の緊張感をほぐして弛緩させる働きがあるそうですので、
家の中に取り入れてみてはいかがでしょう。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
彩度と明度による心理変化
 ●彩度

彩度とは色の鮮やかさの度合いをいいます。
原色が高彩度色となり、灰色の混じる量が増えていくにしたがって彩度が下がります。

高彩度を用いたときの心理影響は、積極的ではっきりしている影響を与え、
イメージとしては若々しさや活気、積極性、自己主張を連想させます。

低彩度を用いたときは、柔らかさや曖昧さという心理影響があり、イメージとしては不安を連想されやすいすということになります。


●明度

明度とは色の明るさの度合いをいいます。
原色を中心に白の混じる量が増えれば高明度となり、
黒の混じる量が増えれば低明度となります。

高明度の心理影響は、外向的な感じを与え、
イメージとしては開放感や優しさやを連想されやすくなります。

逆に低明度は内向的な感じを与え。
イメージとしては抑制や落ち着き、また成熟を連想されやすくなります。


このような色の持つ特徴を知り、ファッションに取り入れたり、
インテリアや暮らしの中に取り入れてみてはいかがでしょう。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
色彩心理学から見る色彩

 色彩心理学上、色は言葉でもあるといわれています。
その人の好きな色、その時に描かれた色などには、
その人のその時の心理状態が大きく反映されていると言われています。

でも、色彩心理学はあくまで一般的な見解で、
必ずしもとらわれすぎるのは良くありません。

赤が好きな人と嫌いな人では、その時に表現した赤は違う意味を持つ場合もあります。
その時の赤という色にこめられた意味も違ってきます。

ですから、安易に、絵に表れた色を色彩心理学に当てはめて、
色の持つ意味をそのまま当てはめるという単純な解釈をしてはいけません。

色彩はその人の心理を表す心の方向性を表わすものです。
でも、あくまでも、表された色から気づきやイメージを広げるきっかけとして見ることが大切です。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
女性がピンクを好む理由

女性は赤ちゃんのときからピンク系の色の服や玩具などに囲まれて過ごします。
なぜ、女の赤ちゃんにピンク色のものを多く使うかというと、
ピンク色は愛情をイメージさせ、ピンク色に取り囲まれることで
愛情に満たされた環境を感じてもらえるからだそうです。

また、女性が大人になってもピンク色を身につけるのは、
愛情と共にいつまでも若々しくありたいという意識も関係しているそうです。

ある程度の年齢になると、ピンクをファッションや小物に取り入れるにしても
あまり濃い目のピンク色を避ける傾向にありますが
色彩心理学上では濃いピンク色は成熟して洗練された大人の女性をアピールすることができる
といわれていますので、
たまにはちょっと思い切って濃い目のピンク色を取り入れてみてはいかがでしょう。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
色彩心理学でファッション選び
色彩心理学は、自分に欠けている部分をその色で補ったり、あるいは目立たなくしてり、解消させることにも応用できます。

それをファッション選びにも用いてもいいですよね。

例えば、男性である程度年齢がいき、会社で管理職についている方で、
女性社員とのコミュニケーションが上手く取れないで困っている方がいました。

その男性に、あるカウンセラーが、
ファッションの一部にピンクを取り入れることを提案したそうです。

ネクタイにピンクを取り入れたり、
ワイシャツをピンク系やピンクのストライプ柄にしたところ、
それまであまりやり取りが無かった女性とも会話が弾むようになったそうです。

女性は、ピンク系の色に持つ印象として
好意的に感じるのだそうです。

このような例から、管理職の男性に限らず、
女性とのコミュニケーションを円滑にしたいという男性は、
ファッションの一部にピンク系の色を取り入れてみてはいかがでしょう。

posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-