スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
子どもの心と色彩心理学
人それぞれに好きな色と嫌いな色があります。
そして、その人の好きな色に対する意識やこだわりを追っていくと、
小さいときに受けた心の傷に結びつくケースが多いそうです。

例えば子供に絵を描かせ、青が好きな男の子場合、
その青の意味するところは、圧迫した心を表わすことが多いそうです。
ですので、子どもが青を多く使うようになったら注意が必要ですが、
男の子の好む色なので、その点はある程度考慮したほうがいいようです。

赤などが目立つ絵は、極度のストレスや、緊張、興奮を表わしているそうです。
幼児期に赤を多く使う場合は、子どもがストレスを感じているのかもしれません。

心の傷というと大げさに感じるかもしれない手のですが、
その子供の体験が無意識のうちに色で放出されているということに気付けば、
傷を癒すきっかけとなります。

また、色の配色は親子関係も深く関係しているそうです。
黒と赤の場合は、抑圧する黒にお母さんの体内を表わす赤を配色することで、
お母さんとの愛情の行き違いがあることを表わしているそうです。

幼児期の子どもの問題は母親が原因の80%と言われています。
幼児期には両親と友好的な関係を保つのが大切なのだそうです。

家事や仕事などで忙しくて育児に時間を十分に取れない悩みを抱えているお母さんも多いと聞きますが、
子供が発している信号を色でキャッチするなど、その小さな信号を見逃さないように心がけることが大切です。

 
posted by: misaten | 色彩心理学の応用 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:26 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック