スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
色彩心理学の身体への影響
色彩が私たちに与える影響は心理的にはもちろんですが、
生理的、身体的な影響ももたらし、身体への変化をももたらしています。

一般的に赤・黄色・オレンジ等は暖色、青・黒・青紫等は寒色と呼ばれています。
このたった2種類の分け方だけでも私たちの生活に影響を及ぼしています。

例えば家具や壁の色を暖色にした部屋と
寒色にした部屋では、
体感温度が約3度も変わるという実験結果が出ているそうです。

また、暖色系は脈拍数・呼吸数・血圧が高まり、
自律神経統を刺激、性ホルモンの分泌を促進、筋肉緊張が増大、食欲・空腹感を抑制すると言われています。

それと、ちょっと面白いことに、
暖色系は時間の流れが早く感じるのに対し、寒色系は時間の流れを遅く感じさせるそうです。

このように、色彩というものは、私たちの心理的にも身体的にも、
また感覚的にも様々な影響を与えています。

古代においては、色は薬として利用されていたとも言われています。
色彩はは、知らず知らずのうちに私たちの心理的・身体的バランスに作用して、癒しなどをもたらしてくれます。
古代には色彩心理学という言葉はなかったはずですが、
色は重要なものだと分かっていてのではないでしょうか。
 
posted by: misaten | 色彩心理学のいろいろ | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:53 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック